fc2ブログ
03// 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. //05

茨城大学演劇研究会 稽古場日誌

茨城大学内にある演劇サークル、演劇研究会・通称「演研」の稽古場日誌です 日々の稽古の様子や、公演の風景などをお届けします

水無月ノ十四


最後に書いたのがいつだかおもいだせず、こんな梅雨真っ只中に担当が来ました。
新入生じゃない田中です。
未だに校内で新入生と間違えられる中、俺の年齢を当てたのは近所のスーパーで味噌汁売ってたおじいちゃんでした。

夏の脚本が決まり、演研みんな動き出しております。
従来の演研らしさなどは微妙ですが「いかにも」な素敵な脚本です。
まぁまぁ、大学生ですから!

この日は普段通り発声練習を行い、長い劇なのですがシーンを区切り部分毎にセリフを入れる訓練でした。
最近はこのメニューですね。
しかし全員ではありませんが、シーンはこの日で全箇所終えました。
って事は、とりあえずどのシーンも1人はセリフを入れられるはずなのです。
後やるべきは復習と区切っちゃったシーンの結合ですね。

さて、そこで助かるのがプロンプ(代役)!
本当、いてくれると助かります。そもそも稽古場の人が少ないと練習できる箇所少なくて……
「スタ専が助かる」の意味が初めてわかりました。スタ専時代稽古場に積極的に出向いててよかった!

今回は全部署が通常の2・3倍忙しくなっている現状。勿論人手不足もありスタッフとキャストは掛け持ちですので、スタッフの負担はそのまま同一人物のキャストにも影響が。
双方の負担を削りつつ、劇の出来が下がらない方法を探しております。
……そんな都合良くないんですけどね!

稽古の方もこれからまた充実週間になりそうですがね?
劇制作は稽古場だけで進むわけじゃないんですよ!
ビラ、できました。
かなりの無理無茶承知でビラをACMの劇に間に合わせるよう頼んでしまいました。
しかし見返りは大きかった……!
ポスター制作、立て看デザインなども次々と舞い込んでます。
衣装も、いくつか案を出して貰ってそこから選び、服もみなさんすごい量持って来てくださってます。
音響/照明も本格始動は部署の特徴故に来週からになりそうですが、下準備はしっかり進んでいるようです。
今回1番忙しくなるのが予測されてる舞台も、小道具の話が入って来たり、舞台案の話が延々続いたりなどこちらも既に目の回る忙しさで話が展開しております。
それと、今回外部の方々からも結構御協力頂いてます。

8月末、溜まった宿題やら憂さやらを忘れて是非水戸芸術館ACM劇場へ起こしくださいませ。
こちらもぶっ飛んだ残暑見舞いを用意し、皆様の御来場お待ちしております。

トップの写真は本日(/16)のACM大千秋楽にて、
小林先輩と2年ボーイズ
小林先輩、主演素晴らしかったです。
スポンサーサイト



category: 2013年夏公演

[edit]

page top△

コメント

page top△

コメントの投稿
Secret

page top△

トラックバック
トラックバックURL
→http://ibadaienken.blog.fc2.com/tb.php/171-4c4fb382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top△